© 2017 Japan Dog Behaviourist Association Allright reserved.

DOG

 BEHAVIOURIST

ドッグビヘイビアリスト育成コース

Higher Canine Behaviour 
and Psychology

癒し、癒される関係をつくる

​犬の行動と心理学の専門家

ドッグビヘイビアリストになる

犬の行動と心理のスペシャリスト。

犬の問題行動を治療し、犬と人のQOLを向上させるのがJDBA認定ドッグビヘイビアリストです。

認定を受けた方はJDBA-DBの称号を使用することが可能になります。

受講対象者:JDBA認定ドッグトレーナー

JDBA認定ドッグトレーナー・DBCA認定ドッグビヘイビアリスト・ICB加盟ドッグビヘイビアリストが受講できます。

​その他の方はJDBAドッグトレーナーコースから受講してください。

 

受講の流れ

​お申し込み

認定

​学科申込

学科学習

実技座学

学科合格

実技座学合格

ドッグビヘイビアリストコースでは2項目の学科と実習(座学・実技)の全てを履修することで認定されます。学科を合格し、実習を修了することでJDBA認定ドッグトレーナーとなります。

称号

全てのカリキュラムを履修し、合格すると認定ドッグビヘイビアリストとなり、ご自身の名前にJBDA-DBの称号をつけることができます。

(例:犬神 幸雄 JDBA-DB)

※学科はDBCA(犬の行動心理カウンセリング協会)が実施する通信講座を受講していただきます。

※受講にはJDBA-DTの資格を取得している必要があります。

​※JBDA-DBはJapan Dog Behaviourist Association-Dog Behaviouristの略名です。

 

学科 

COMPASS Education and Training(英国)

学科は英国国際教育機関COMPASSの以下のコースが必修科目です。

1,アドバンスド ケイナインビヘイビア&サイコロジー

2,ケイナイン ビヘイビア マネージメント(2019年より)

COMPASSの講座は英語・日本語訳で受講できます。

受講は別途、DBCA,犬の行動心理カウンセリング協会へのお申し込みが必要です。

​各学科コースは通信制です。DBCAに通う必要はありません。

JDBAの認定資格ではCOMPASSの学科を採用しています。

​英国の国際教育機関COMPASSは常に最新のテーマで課題が構成されており、国際基準で質の高い講座を受けることができます。

アドバンスド・ケイナインビヘイビア&サイコロジー・コース内容

このコースの狙いは受講者が犬の世界をさらにより深く知識を得る事です。なぜ、どのような事柄が犬の行動に影響するのか、犬の行動の起因をより深く考える事の出来る知識を得る為の内容に構成されています。さらに身体的必要性のみではなく、精神面の必要性も考慮できる知識を得る事ができます。

1,犬の脳と感覚

2,犬の学習

3,犬のコミュニケーション

4,社会性行動とテリトリー意識

5,ドッグトレーニング

6,問題行動と解決法

全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。

それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページで​ご確認いただけます。

ケイナイン・ビヘイビア・マネージメント

このコースはその高度な内容のため、受講を希望する方は受諾されるためにこのレベル(レベル5: HND/ファウンデーション学位)で学習する能力を示す必要があります。また、犬に対する「実践」の能力に長けている人であっても学術経験なしでこのプログラムに登録する上で十分な資格を持っているとは見なされませんが、最終的な判断は個人個人で下します。

1,学習理論

2,犬の行動の遺伝と進化

3,脳の生化学

4,薬学

5,内部環境

6,外部環境

7,知能と思考の理論

8,行動診断

9,職業倫理

10,理論の適応

11,法律

12,事例研究

全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。

それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページで​ご確認いただけます。

​※学科の受講は、DBCAへのお申し込みが必要です。既にDBCAで単位を取得している場合は、受講する必要はありません。

​実習

学科で学ぶ内容と並行し、犬の行動療法やドッグトレーニング応用、問題行動の原因追求、カウンセリングの進め方などを学びます。専任チューターと少人数の講習なので、しっかりとした習得ができます。

実習の内容

座学と実技講習、ドッグビヘイビアリストのコンサルテーション実習で構成されています。

実技・座学は協会所在地の横浜市金沢区で実施します。コンサルテーション実習も教室で行います。

課題

全ての実習を終えるとJDBAから上級 犬の行動と心理学基礎講座修了証が発行されます。

認定ドッグビヘイビアリストになるには、論述形式の課題に合格する必要があります。

課題のテーマ:行動変容技術・応用行動分析などから選出し、担当者からテーマをおしらせします。

(2000文字以上、4000文字以下)

実技・座学は協会所在地の横浜市金沢区で実施します。

 

実習科目

・行動観察技法

​・応用行動分析学への理解

・行動修正プログラムの作成

・ドッグトレーニングの応用

​・動物福祉スコアを上げる提案

・動物行動学と心理学の実践方法

・犬のボディーランゲージ応用

・行動療法の種類と実践

・個体間コミュニケーション

・現場実習(コンサルテーションアシスタント実習)

・問題行動への行動変容技術

・クライアントへの受け答え

​・法令

課題:レポート提出

​全37コマ:1コマ/45分

※内容は予告なく変更することがあります。

受講開始から12ヶ月間、月に一回で行います。

​実習は、毎月第3木曜日に開催します。1日で5コマをベースに基準に進めます。

​コンサルテーション実習は、案件毎にかかる時間が違います。このため、講習のスケジュールが延長されることもあります。

​※講習日が祝日の場合などは変更することがあります。

 
 

修了期限・期間延長

実習は12ヶ月で修了してください。期間延長は半期(6ヶ月)づつ可能です。受講費は一期分の半額です。

​学科は2科目で24ヶ月の期限となります。

受講スケジュール

学科

学科は通信講座なので、ご自宅などでいつでも取り組むことができます。

​実習(座学・実技)

実習は、毎月第3木曜日に開催します。1日で5コマをベースに進めます。

​コンサルテーション実習は、案件毎にスケジュールを調整して行います。

​※講習日が祝日の場合などは変更することがあります。

認定資格の維持・更新について

2年に一度のペースで更新する必要があります。更新は、論述形式の課題に合格してください。

課題のテーマは以下のどちらかを選べます。

1),最新の科学研究からの行動変容への応用

2),カウンセリング実例の報告(症例と実施内容とその結果報告)

 

認定条件

認定ドッグビヘイビアリストになるには、以下の条件が必要です。

・上記COMPASSのコースを合格する

​・本協会の実技講習を修了し合格する

​・協会が定める行動規範に準ずる

 

発行資格・修了証

・COMPASS Education and  Training から

 ・Higher Canine behaviour and psychology DIPLOMA

 ・Canine behaviour management ADVANCED DIPLOMA

・DBCA犬の行動心理カウンセリング協会から

 ・Higher Canine behaviour and psychology DIPLOMA

 ・Canine behaviour management ADVANCED DIPLOMA

・JDBA日本ドッグビヘイビアリスト協会から

 ・上級 犬の行動と心理学 修了証

​ ・犬の行動管理 修了証

​ ・認定ドッグビヘイビアリスト

JDBA認定ドッグトビヘイビアリスト受講料

技講習費用(DBCA学科費用は含まれません)

¥280,000(税抜)

資格更新費用(2年に一度)

​年1回のカンファレンス参加費込み

¥10,000(税抜)