DOG TRAINER

ドッグトレーナー育成コース

Image by M L
Canine Behaviour
and Psychology

犬と飼い主を笑顔にする

ドッグトレーナーになる

 犬と人とが快適に、一緒に生きる。そんなドッグライフを実現するために、飼い主をサポートする専門家がJDBA認定ドッグトレーナーです。​このコースは、ドッグビヘイビアリストになるための基本コースとなります。​​認定を受けた方はJDBA-DTの称号を使用することが可能になります。​

 ドッグトレーナーとして開業するための証明書発行や開業支援もあります。

第6期生受講者選考のご案内​
第6期の受付開始:2020年8月31日〜9月6日まで
受講開始:2020年10月から(第3月曜開催)

受講対象者

・プロのドッグトレーナーを目指す方

​・ドッグビヘイビアリストを目指す方

​第6期の受付は終了しました

​時期募集の時期は未定です

 

受講の流れ

受付

認定

​学科申込

学科学習

選考

実技座学

学科合格

実技座学合格

入学受付

 受講者のエントリーが開始されると本ページに“エントリーフォーム”のボタンが表示されます。エントリーフォームから必須項目を入力して送信してください。

入学選考

 エントリー数が定員(8名)を超える場合は、入学選考を行なっています。選考には1次審査と2次審査があります。1次審査はエントリーフォームで行います。1次を通過された方は、メールにて2次審査をご案内いたします。それぞれの審査は、記述または選択形式のアンケートです。

 

単位

 ドッグトレーナーコースでは2項目の学科と実習(座学・実習)の全てを履修することで認定されます。2つの学科のうち初歩的なコースには免除制度もご用意しました。免除用の課題に合格すると2つの学科のうち一つは免除されます。残る一つの学科と実習を修了、合格することでJDBA認定ドッグトレーナーとなります。

 

称号

 全てのカリキュラムを履修し、合格すると認定ドッグトレーナーとなり、ご自身の名前にJBDA-DTの称号をつけることができます。(例:犬神 幸子 JDBA-DT)

学科はDBCA(犬の行動心理カウンセリング協会)が実施する通信講座を受講していただきます。

※学科免除制度はJDBA認定コースの受講者のみに適応する制度です。

​※JBDA-DTはJapan Dog Behaviourist Association-Dog Trainerの略称です。

 

学科の受講について

JDBAの認定資格ではCOMPASSの学科を採用しています。

​ 英国の国際教育機関COMPASSは常に最新のテーマで課題が構成されており、国際基準で質の高い講座を受けることができます。犬という動物を通して生物学の基礎を学ぶことができます。

 COMPASSのコースの形態は、論述問題の課題が多く出題されます。リサーチベースの課題を多く経験することで、調査力や論理的な思考が身につきます。各課題は、ハーバード方式での論述形式で出題されます。

COMPASS Education and Training(英国)

学科は英国国際教育機関COMPASSの以下のコースが必修科目です。

・ケイナインスタディー(免除制度あり)

・ケイナインビヘイビア&サイコロジー

COMPASSの講座は英語・日本語訳で受講できます。

 

※受講は別途、DBCA,犬の行動心理カウンセリング協会へのお申し込みが必要です。

​※各学科コースは通信制です。DBCAに通う必要はありません。

学科免除制度(ケイナインスタディーの免除)

 JDBAでは、DBCAケイナイン スタディーコースを免除できる制度があります。JDBAが発行する免除試験を合格された方は、ケイナインスタディーの受講・修了が免除され、学科免除証明書が発行されます。

 DBCAにてケイナインビヘイビア&サイコロジーを受講する際に、この証明書の写しを提出してください。

​ケイナインスタディー・コース内容

​このコースはペットとして飼われている犬の進化の過程と身体の構造を紹介し、より深い知識を今後学ぶ為の基礎になるコースです。
犬の事をより学びたい飼い主さんは勿論の事、将来ドッグビヘイビアリストを目指す方の基本となるコースです。

1,犬の由来と解剖学的構造

2,生殖作用

3,犬の栄養学

4,それぞれの機能

5,一般的な疾病

6,飼い主の責任

全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。

それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページで​ご確認いただけます。

​ケイナインビヘイビア&サイコロジー・コース内容

​このコースの狙いは受講者にはペットとして飼われている犬の行動心理に近づくことです。犬の標準、又は変わった行動と彼らの目的について基本的な知識、そして受講生がそれらについて伝授出来るようにデザインされています。

1,犬の行動の説明方法

2,配偶行動と出生

3,若い犬の心理

4,成犬の行動心理

5,犬の普通ではない行動

6,問題の予防策

全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。

それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページで​ご確認いただけます。

​※学科の受講は、DBCAへのお申し込みが必要です。既にDBCAで単位を取得している場合は、受講する必要はありません。

※ケイナインスタディーから受講希望の方は、JDBA認定ドッグトレーナーコースのお申し込み後にDBCAにお申し込みください。

 

実習

 学科で学ぶ内容と並行し、家庭犬のしつけに関わるドッグトレーニング実技を学びます。このコースでは、プロのドッグトレーナーに必要な知識と技術を学びます。専任チューターと少人数の講習なので、しっかりとした習得ができます。

実習の内容

 座学と実技講習、ドッグビヘイビアリストのコンサルテーション実習で構成されています。

実技・座学は協会所在地の横浜市金沢区の教室で実施します。コンサルテーション実習も教室で行います。

受講は月に一回です。

課題

 全ての実習を終えるとJDBAから犬の行動と心理学基礎講座修了証が発行されます。

認定トレーナーになるには、論述形式の課題に合格する必要があります。

 課題のテーマ:ドッグトレーニング・倫理などから出題されます(ハーバード方式の論述問題)。

実習科目

・ドッグトレーニングの意義

​・家庭犬に必要なこと(動物福祉向上を目指す)

・生得的行動

・学習理論の実践と応用

・​学習の強化スケジュール

・犬のボディーランゲージ基礎

・刺激への反応

・条件付け(古典的条件付けとオペラント条件付け)

​・ベーストレーニング

・服従訓練(スワレ・フセ・マテ・コイ・ツイテ)

・クライアントへの受け答え

​・現場実習(コンサルテーションアシスタント実習)

・問題行動への対処法

​・法令

​課題:レポート提出(ハーバード方式の論述問題)

​全36コマ:1コマ/45分

​※内容は予告なく変更することがあります。

​実習のスケジュールについて
受講開始から12ヶ月間、月に一回で行います。

​実習は、毎月第3水曜日(クラス1)と第3月曜(クラス2)に開催します。各クラスを同時に受けることはできません。

1日で5コマを基準にして進めます。

​コンサルテーション実習は、案件毎にかかる時間が違います。このため、講習のスケジュールが延長されることもあります。

​※講習日が祝日の場合などは変更することがあります。

 

修了期限・期間延長

学科・実技ともに12ヶ月で修了してください。資格の認定には、JDBA各コースの期限内で学科・実技を共に合格する必要があります。

期間延長は半期(6ヶ月)づつ可能です。受講費は一期分の半額です。​

 

受講スケジュール

学科

通信講座なので、ご自宅などでいつでも取り組むことができます。学科科目はDBCAとの提携でCompass Education and Training.を採用しています。DBCAの終了期限は科目によってもことなります。JDBA認定要件は、上記の”修了期限・期間延長”に準じます。 

​実習(座学・実技)

実習は、毎月第3水曜日(クラス1)と月曜(クラス2)に開催します。1日で5コマをベースに進めます。

​コンサルテーション実習は、案件毎にスケジュールを調整して行います。

​※講習日が祝日の場合などは変更することがあります。

認定資格の維持・更新について

2年に一度のペースで更新する必要があります。更新は、論述形式の課題に合格してください。

課題のテーマは以下のどちらかを選べます。

1),最新の科学研究を用いた行動療法やトレーニングへの応用

2),カウンセリング実例の報告(症例と実施内容とその結果報告)

開業支援

 

第1種動物取扱業の従事証明書発行

開業するにあたって行政への届出が必要な方には、第1種動物取扱業の従事証明書発行を行っています。

開業コンサルタント

開業のためのコンサルテーション、ホームページ製作の指導を行います。その他、開業がスムーズに進むお手伝いを致します。

※希望者のみ。

JDBA認定ドッグトレーナーコース受講料

実技講習費用(DBCA学科費用は含まれません)

¥220,000(税抜)

学科ケイナイン スタディー免除試験

¥20,000(税抜)

資格更新費用(2年に一度)

​年1回のカンファレンス参加費込み

¥10,000(税抜)

 

認定条件

認定ドッグトレーナーになるには、以下の条件が必要です。

・上記COMPASSのコースを合格する

​・本協会の講習を修了し合格する

​・協会が定める行動規範に準ずる

 

発行資格・修了証

・COMPASS Education and  Training から

 ・Canine study DIPLOMA(免除の場合を除く)

 ・Canine behaviour and psychology DIPLOMA

・DBCA犬の行動心理カウンセリング協会から

 ・Canine study DIPLOMA(免除の場合を除く)

 ・Canine behaviour and psychology DIPLOMA

・JDBA日本ドッグビヘイビアリスト協会から

 ・犬の行動と心理学基礎講座 修了証

​ ・認定ドッグトレーナー

実習の受講について

受講スケジュールと修了期限について

​学科免除試験を受講する

​免除のメリット

​ Compassの学科はリサーチベースの論述問題で、1コースを終えるのに数ヶ月かかります。JDBAの育成コースでは、実技や座学の授業があります。このため、Compassの課題の中の「ケイナイン スタディー」を免除する基準を満たしており、当会の免除試験に合格された方は、ケイナインスタディーコースの履修が免除されます。

​ 残る必須科目のケイナイン ビヘイビア&サイコロジーから受講することができます。

 出題範囲​は、生物学基礎や初歩的な動物行動学などから出題されます。

・ケイナインスタディー免除試験

 ハーバード形式での論述問題

​ 受験料:¥20,000(税抜)

​ 

​ 免除試験をご希望の方は、エントリー開始時に表示されるエントリーフォームより、“免除試験を受験する”を選択してください。

​ 試験は、ハーバード形式での論述問題が数問出題されます。

© 2017 Japan Dog Behaviourist Association Allright reserved.