「考える」を鍛える
学科:学術訓練

JDBAの認定資格ではCOMPASSの学科を採用しています。

​ 英国の国際教育機関が提供する育成プログラムCOMPASSは、常に最新のテーマで課題が構成されています。国際基準で質の高い講座を通信式で受けることができます。犬という動物を通して生物学の基礎を学ぶことができます。

 COMPASSのコースの形態は、論述問題の課題が多く出題されます。リサーチベースの課題を多く経験することで、調査力や論理的な思考が身につきます。各課題は、ハーバード方式での論述形式で出題されます。

JDBA-DT必須課題:ケイナインビヘイビアサイコロジー

JDBA-DB必須課題:ケイナインビヘイビアマネージメント

JBDA認定コースに必要な
Compass学科一覧

世界標準の教育プログラム

高いリサーチ力、論理的思考を鍛えてくれるのがこの講座の魅力です。学術初心者でも取り組めるようサポートも充実しています。

各科目は段階的に受講するように設計されています。全部で4段階で構成され、CBPまでの履修でJDBA-DT基準となります。JDBA-DB必須科目はCBMです。​​

ケイナインスタディー CS

JDBA-DT必須科目

​ケイナインビヘイビアサイコロジー CBP

JDBA-DT必須科目

アドバンスドケイナインビヘイビアサイコロジー HCBP

JDBA-DB必須科目

このコースの狙いは受講者にはペットとして飼われている犬の行動心理に近づくことです。犬の標準、又は変わった行動と彼らの目的について基本的な知識、そして受講生がそれらについて伝授出来るようにデザインされています。

1,犬の行動の説明方法
2,配偶行動と出生
3,若い犬の心理
4,成犬の行動心理
5,犬の普通ではない行動
6,問題の予防策
全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。
それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページでご確認いただけます。

このコースはペットとして飼われている犬の進化の過程と身体の構造を紹介し、より深い知識を今後学ぶ為の基礎になるコースです。
犬の事をより学びたい飼い主さんは勿論の事、将来ドッグビヘイビアリストを目指す方の基本となるコースです。

1,犬の由来と解剖学的構造

2,生殖作用

3,犬の栄養学

4,それぞれの機能

5,一般的な疾病

6,飼い主の責任

全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。

それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページで​ご確認いただけます。

ケイナインビヘイビアマネージメント CBM

JDBA-DB必須科目

このコースはその高度な内容のため、受講を希望する方は受諾されるためにこのレベル(レベル5: HND/ファウンデーション学位)で学習する能力を示す必要があります。また、犬に対する「実践」の能力に長けている人であっても学術経験なしでこのプログラムに登録する上で十分な資格を持っているとは見なされませんが、最終的な判断は個人個人で下します。
1,学習理論
2,犬の行動の遺伝と進化
3,脳の生化学
4,薬学
5,内部環境
6,外部環境
7,知能と思考の理論
8,行動診断
9,職業倫理
10,理論の適応
11,法律
12,事例研究
全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。
それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページでご確認いただけます。

このコースの狙いは受講者が犬の世界をさらにより深く知識を得る事です。なぜ、どのような事柄が犬の行動に影響するのか、犬の行動の起因をより深く考える事の出来る知識を得る為の内容に構成されています。さらに身体的必要性のみではなく、精神面の必要性も考慮できる知識を得る事ができます。

1,犬の脳と感覚
2,犬の学習
3,犬のコミュニケーション
4,社会性行動とテリトリー意識
5,ドッグトレーニング
6,問題行動と解決法
全6段階のテキストそれぞれに合格する必要があります。
それぞれのテキストの内容は、以下のボタンからDBCAのページでご確認いただけます。

進めかた

期限内で課題を修了させる

 Compassの各コースにはそれぞれに定められた期限があります。JDBAの認定要件では、独自の期限が設けられています。認定を受けるためには、期限内で修了する必要があります。

 プログラムは、学習がスムーズに進むように定期的なオンライン授業や、小テストを実施することで学習が進みやすくなるようにサポートします。

© 2017 Japan Dog Behaviourist Association. All right reserved.